日給アルバイト事情について

一日の労働時間が例え一時間であっても最低日額が支給される事になる日給制のアルバイトはアルバイト希望者にとっては非常に魅力的な存在となっています。

通し勤務が可能な交通誘導警備の日給制アルバイト

日給アルバイト事情について 一日の労働時間が例え一時間であっても最低日額が支給される事になる日給制のアルバイトはアルバイト希望者にとっては非常に魅力的な存在となっています。また、日給制のアルバイトですが、これは警備員のバイトで広く採用されているものとなっています。警備員ですが、施設警備や交通誘導スタッフといったものが在ります。これらの警備形態ですが、警備業法では施設警備を一号警備、交通誘導を二号警備とされています。交通誘導業務ですが、これは二号警備となっており、警備業では初心者向けとなっています。

交通誘導の警備の日給制アルバイトですが、その日の終了時間が不明確である事が非常に多いです。9時から始まって午後6時に終わる場合であっても、終了時間が朝の11時頃であれば、その時点で最低日額は保証される事になっています。警備員のアルバイトですが、日勤と夜勤を通しで行うという人が少なくないとされています。終了時間が不明確であるだけでなく、重労働をするわけでもないので時間に対してある程度ゆとりが持てるので警備会社でも通し勤務を問題無く認定しているという事は少なくないようです。通し勤務をする場合、日勤帯の賃金と夜勤帯の賃金が支給される事になり、通し勤務が可能な現場であれば高収入が比較的可能とされています。

警備員のアルバイトのスケジュール申請は、スタッフ本人が警備会社に自分に都合の良い申請が可能となっています。通し勤務をする場合、日勤を終えてからそのまま引き続き同じ現場で夜勤に入っても構わないとされています。警備員のアルバイトですが、自宅等から現場へは直行直帰システムとなっています。出発をする際、勤務開始の二時間前に警備会社に出発報告をする事になっています。また、現場に着いた場合、開始の一時間前に警備会社に上番報告をして、そして警備会社が了解の合図をすれば勤務開始となります。勤務終了となると、警備スタッフは警備会社に対して下番報告、つまり勤務終了の報告をすることになります。この報告ですが、8時から開始で午後5時終了の場合は、五時以降に行うことになります。

おすすめリンク